イメージと色見本がマッチしているかが重要になる外壁塗装

一戸建て住宅

外壁塗装を実施する目安はどのくらいか

一軒家

マイホームを購入後、多くの方は8~9年目に住宅の外観が悪くなっていることを気にすると思います。特に、外壁の黒ずみや日焼けなどは、日当たりに左右され、正面から見たら新しいように見えても、斜めから見たらかなりの築年数が経っているように見えるなど様々です。日当たりの問題は、住宅の外観だけでなく、耐久性にも大きく影響します。それは、外壁材の紫外線劣化です。目には見えない細かい亀裂や磨耗が生じています。そのまま放置すると、外壁の損傷に繋がります。
一般的に外壁のメンテナンスは、10年に1回とされています。そのメンテナンスにおいて、外壁塗装がコストパフォーマンスに優れています。外壁を全て交換した場合に比べ遙かに低予算でメンテナンスが可能です。また、10年前に最新とされていた外壁材のコーティングより技術が進歩し、外壁塗装の品質も向上しています。外壁塗装を一定周期で実施することにより、住宅に寿命を延ばすことが可能になります。30年ローンで購入した住宅が15年程度でリフォームすることになるよりは格段に費用は安いと思います。また、周囲の住宅も時代に合わせ、建て替えやリフォームをするため、マイフォームが古めかしくないように外壁塗装で、景観を統一することも出来ます。外壁塗装には様々なメリットがあると考えます。